犬の歯磨きのテクニックについて

ワンちゃんの歯は、こうやって磨く!

人間にも歯医者さんで教えてもらうような正しい歯磨きの方法があるのと同じように、犬の歯磨きにも正しい方法があります。
マスターして、愛犬のお口を正しくケアしてあげましょう。

歯ブラシの選び方

人用の歯ブラシでもかまいませんが、できるだけヘッドが小さく、毛が柔らかい歯ブラシを使いましょう。
どうしても使いにくければ、一部(手元側の1列)の毛を切るなどの工夫をしてもいいでしょう。
また、山型カットなどをされているものより、平らなものの方が歯に当てやすいでしょう。
柄も、自分の歯を磨くのであれば、湾曲しているものも使いやすいのですが、犬の歯を磨くときはまっすぐなものの方がコントロールしやすいといわれています。

いろいろ試してみて、自分と愛犬にあったタイプ(サイズ)の歯ブラシを見つけてくださいね。

歯ブラシの使い方

犬の歯に歯ブラシを当てるときは歯と歯ブラシの間の角度は約45度にします。
歯と歯肉の間の溝(歯肉溝)の汚れもかき出すつもりでていねいにブラッシングしてあげましょう。
但し、くれぐれも力は入れすぎないであげてくださいね。

歯ブラシはこうやって動かす!

  • 歯肉溝の汚れを落とすには、歯と歯肉との境目を、歯ブラシを横にスライドさせるように動かし、軽くマッサージします。
  • 歯ブラシを回すように動かすと、歯の表面の汚れを落としたり、葉肉をマッサージする効果があります。

TOPページ
犬の歯周病の症状と治療法
犬の歯周病の予防
犬の歯磨きのテクニック